僕たち地球人ブログ

調布市民のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近観た映画

『300』
『眉山』

 
『300』

僕の生涯でもトップランクに面白かった『ドーンオブザデッド(04)』のザックスナイダーが監督、
聞けば原作コミックはあのフランクミラー。
そして震えるほどカッコイイ予告編!
これは観なきゃウソだぜと思って観に行きました。

…?
あれ、いや、面白いですよ。
相当面白い。
でも、このコンビだったらもっと面白くてもいいんじゃないの?
なんてえか、ポイントポイントできちんと面白いんですけど、盛り上がる前に映画が終わってしまいました。
明らかに時間が飛んでる(カット喰らった?)シーンもありました。

製作総指揮という立場に原作者のフランクミラーがいるというのが引っかかります。
「映画とは時間の彫刻である」と誰か偉い人が言っていた気がしますが
別にフランクミラーは映画の経験少ないから間の取り方知らんわ!
というワケでなく「フランクミラー時間」は「ハリウッド映画時間」と違うということです。

『シンシティ』はオムニバス形式だった為に目立ちませんでしたが、
とてつもなく悪く言ってしまうと盛り上がりに欠けるのです。
逆に言えば原作の「フランクミラー時間」を再現しているという事なのではないでしょうか。
とまれ、この辺りは原作を読んでいないのでなんとも言えない所です。

しかしその弱点らしき箇所を補って余りあるほど要所要所で面白いのがこの映画です。
クセルクセス大王をはじめペルシア軍のキャラ立ちはハンパじゃない。
ニンジャ軍団、ムチ使い、フランケン野郎、サイ軍団、ゾウ軍団。
"処刑人"に至っては両手の肘から先がカマになっています。ねーよ。

この映画で最もスゴイのは首チョンパのシーンです。
CGで首から上を消してると言えばそれまでですが、
映画史上に残るリアリティの首チョンパです。本っっ当に良く出来てます。

あと、字幕が悪いのかなあとは思いますが
「自由」だの「民主主義」だのちょっとやかましいかなあとも思いました。
『インディペンデンスデイ』は違和感無く観れたんですけどね。
言葉を覚えたての中学生が噛み付きやすそうです。

最後に。
この予告編の音楽がちっとも使われてないのはどういうことだ!これだけは納得行かん!




『眉山』

『300』がアメリカ帝国主義とやらのプロパガンダ映画なら
『眉山』は高円寺に代表される徳島県民の阿波踊り世界侵略を高揚するプロパガンダ映画です。

エキストラの数だってねえ、CGばっかの『300』より多いわけですよ!
本物の阿波踊り撮ってますから!

私はTVはあまり見ませんが大好きで録画しまくる番組が二つあります。
『世界ふれあい街歩き』と『東京の散歩道』です。
そう旅番組が大好きなのです。
でも、タレントの感想や、おいしい料理や美しい観光名所の紹介はどうでもよく、
なんでもない街を淡々と写しているのがムチャクチャ好きなのです。

そんなワケで実にいいですなあ、徳島。
途中松嶋奈々子が東京に戻ってしまうのでふざけんなバカと思いましたが
東京ではワザワザ都電荒川線に乗ってくれます。
都電荒川線!ウッヒョオオたまんねえ!

クライマックスでは延々と阿波踊りの様子をダンスチーム(そういうのがあるんだって)ごとに
見せてくれる大盤振る舞い!ヒャハァー!

徳島県民、特に徳島市民や徳島びいきの方なら絶対に観るべき映画でしょう。ストーリー?忘れた。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/13(水) 02:00:47|
  2. 活動写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コミケット | ホーム | f分の1のゆらぎ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiqjin2000.blog57.fc2.com/tb.php/139-975a3153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。