僕たち地球人ブログ

調布市民のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ナチス・ゾンビ 吸血機甲師団』


 


ごめんなさい。

僕ちょっと自分のこと「ゾンビ映画通」みたいに思ってました。
まさか、世の中にここまで退屈なゾンビ映画があるとも知らず…


いやむしろストーリーなんかは凝っている方です。
第二次大戦末期、パルチザンに虐殺され湖に放置されたナチス兵が蘇り、
元パルチザンとその子孫の村人達に復讐を開始します。

でもなぜか基本的に若い女性しか襲いません。
うら若いお姉さん達がきれいな湖(本当にロケーションはきれい。だから眠くなる。)で
すっぽんぽん(ボカシあり)になってキャッキャッキャッと遊びはじめ
ダバダ~♪ダバダバダバダバサ~♪」と気の抜けるメロウな音楽がかかると、
湖の奥から散歩する犬のごとく自然にゾンビが現れお姉さんたちを襲います。
でも「吸血機甲師団」ですので首筋からチョロッと血を吸う程度。ハァ~…
ちなみに男にはペイッとチョップを喰らわす程度です。

ゾンビの一人の忘れ形見である少女との涙のふれあいや、
無駄に力の入った戦争シーンなどが非常にリラックスできるスピードで進み
「まだ40分しか経ってねえのかよ!」と途中で泣き出したくなる事請け合いです。


元々この作品の監督だったヘスス・フランコは撮影直前に失踪。
突如代打として呼ばれたのは休暇中だったジャン・ローランでしたが
当然のごとく彼はやる気ゼロ。
結果としてこのような弛緩し切った映画が誕生したそうです。
かといって大目に見られるかというと、無論そんなことは無いです。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/26(木) 01:07:44|
  2. 活動写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『週間少年朝目シンブン』 | ホーム | 『ゾンビ3』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiqjin2000.blog57.fc2.com/tb.php/149-db9fd43d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。