僕たち地球人ブログ

調布市民のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近観た原作付き映画 3本

忘れる前に簡単に。


『レジェンド・オブ・チュンリー』

低予算ですが、まあそれなりのアクション映画。ヴァンダムよりマシ。
チュンリーが小さくて白人顔ですがカワイイのでまあヨシ。
バルログが濃い目のアンチャンになっていましたが、よく考えればスペイン人ですから、まあヨシ。
ゲンが正義の味方でチュンリーの師匠という設定に変わっていましたが、ナンチャンにそっくりだったのでまあヨシ。
ナッシュが疲れたロック歌手みたいになっていましたが、同名の他人と思えば、まあヨシ。
ベガが金髪のヒゲ面でサイコパワーとか一切使いませんでしたが、まあ・・・いいか。


『ドラゴンボール エヴォリューション』

今更「マンガと違う」とか言っても仕方がないでしょう。
これだけ騒がれていて、知らないというのも非常識です。

40冊以上もある原作マンガは、週間単位で読むという前提で製作されています。
更に途中から明らかな路線変更を試みており、一貫性を欠いています。
どう考えたって一本の映画にはなりません。
ですから、再現度を求めるのでなく、マンガ・ドラゴンボールから離れて楽しもうではありませんか。

そうして見るとどうでしょう、割とよく出来た子供向けファンタジーアクションでは無いでしょうか。
しかしその視点に立つと、主人公の名前が「悟空」であったり、ブルマやヤムチャが出てきたり、
なんかドラゴンボールをパクった映画だなって気がしてきました。

チチ役の女の子がいかにも「ハリウッド人の好きなアジア人」の顔をしていたんですが、
段々ああいう顔が好きになってきました。そして結構巨乳でした。

この映画を観て私に残されたのは「チチの乳がいい感じ」というオヤジギャグ一つです。


『釣りキチ三平』

う~~~ん、この監督、原作読んでるか?
三平君と一平じいさんが単なる釣り好き一家の様に描かれています。

あの2人は、あまり行動を共にしないはずです。
そしてあの無限とも思える人格の広さが表現されていませんでした。

魚紳さんも、「アメリカで活躍するバスプロ」に設定されており、
”外国かぶれのイケメン脇役”というテリーマンみたいなポジションになっています。違う!違うよ!

更に愛子ねえちゃんの設定変更は大きく、
三平君の実の姉で、東京暮らしで、釣りばかりの三平を心配して都会に連れ出そうとしている・・・

こ、これは変わりすぎだ!
「悟空がイジメられっ子の高校生」っていうのと同じくらい変わっている!
アラレちゃんを実写にしたら、プルートウが出てきてアラレちゃんを破壊してしまうくらい酷いと思います!

でもまあ、愛子姉ちゃん役が香椎由宇で、かなり可愛かったのでアリだと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/31(火) 21:09:50|
  2. 活動写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ついさっき観た映画 09/04/05 | ホーム | High Lordのアニソンカバー集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiqjin2000.blog57.fc2.com/tb.php/227-e33682d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。