僕たち地球人ブログ

調布市民のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『Call Of Duty 4 Modern Warfare』 『PROTOTYPE』

※ネタバレあります※



『Call Of Duty 4 Modern Warfare』



北米版。ノーマルでクリア。
見分けが付きにくい「戦争系FPS」ですが、
イギリス特殊部隊員とアメリカ海兵隊員をメインに、複数の人物の視点を追いながら戦争を体験する、
という点が特徴かもしれませんね。
クーデターで処刑される政治家や、過去の作戦に参加した兵隊などの視点を体験できるのです。

どんなゲームにもシミュレータ的な面はありますが、
FPSというのはその発想自体がとてもシミュレータ的なジャンルですよね。
『バイオショック』は、FPSの”画面(プレイヤーの視点)=主人公の視点”という点を
ストーリーテリングに活かしていて感心しました。

『COD4』は複数人物の視点に立つことで、純粋なFPS(=一人称視点)では無くなっているとも取れるのですが、
処刑される人物や、核爆弾のキノコ雲を見上げながら死ぬ人物の視点すら用意されているので
単純に迫力や衝撃が段違いですね。
通常のFPSは視点が主人公一人に固定されているのでシミュレータ的なのですが、
『COD4』は視点が複数なので映画的です。

そんな事は抜きにしてもすでにとてつもなく高い評価を得ていますし、
単純に面白いのでオススメですよ。



『PROTOTYPE』



アジア版。最初のあたりをかじっただけ。
スゲーっすよコレ!

主人公はナゾの組織によって改造されたミュータント。
自動車よりも早く走り、ビルの壁を駆け上がり、屋上から屋上へ飛び移る!
腕はツメやハンマーに変形し、人間を吸収して回復し、食った人間の姿と記憶をコピーする!

リアルな3Dモデルの街(NY)の中でマリオが暴れてるというか、
電車に乗ってる時の”ビルの上を飛んでいく忍者の妄想”がゲーム化したというか、
触ってるだけで非常に気持ちがよろしいですね。
いや、なんつーかサイボーグ009全員が一人にまとまったヤツを操作してるっていうか、
Xメン気分になれるっていうかね・・・

その辺を歩いてる一般人を食い殺して体力を回復できますが、日本語版では確実になくなってそう。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/11(金) 01:26:02|
  2. 電脳遊戯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近観た映画 『ドゥームズデイ』  ~バイオレンス・ユニオン・ジャック!~ | ホーム | Fallout3の追加シナリオがスゴイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiqjin2000.blog57.fc2.com/tb.php/256-89e54f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。