僕たち地球人ブログ

調布市民のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近観た映画

『石の花』
『フレッシュイーター ゾンビ群団』

 
『石の花』

1946年製作の、ロシア初、また、日本で初めて公開されたカラー映画。
僕だってたまにはこんな映画も観るのです。

ウラルの民話を元にした幻想的ファンタジー映画。
ちなみに監督は『魔女伝説ヴィー』と同じ人です。

60年前の代物で斬新なストーリーや最新映画に勝るような映像技術は無く、
演技もわからなければ、グラマーエンジェルも出てきません。

しかしもはや古さというか全体の持つ雰囲気自体が非常に味わい深いものとなっています。

夜更かしして、ふとTVを付けてこの映画がやっていたら。
それはなかなかいいもんだなあ、と思うのです。



『フレッシュイーター ゾンビ群団』

米 1988年 89分
監督 ビル・ハインツマン
製作 ビル・ハインツマン
脚本 ビル・ハインツマン
出演 ビル・ハインツマン

…?

他に監督作も無い、このビル・ハインツマンとは何者か?

Nightpics2.jpg


このオッサンです。
そう、『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』の
一番最初のゾンビ役を演じた俳優なのです。

世界で初めてモダン・ゾンビ
(『NOTLD』以前の『ホワイト・ゾンビ』などに登場するゾンビと区別してこう称する)
を演じた男…と言えば聞こえはいいでしょうが、要は二流役者のオジイチャンです。

別にゾンビ演技が上手いわけでもなく狼男やフランケンをやらせても同じ動きをすると思われます。
(まぁ、『NOTLD』ではそれが逆に怖いんですけどね。)

確かに歴史的な人物ではあるものの素人同然の人に監督脚本をやらせたのですから映画としての出来はメタメタ。
お話は『NOTLD』のリメイクのつもりなのでしょう。
演技の下手さ・脚本編集のだらしなさ・勃たないエロと、あらゆる方向で低空飛行を続けます。
(後半に入るとグロシーンが増えてちょっと楽しい。)

そんな中一人気合が入りまくっているのは当然ハインツマン本人。
やけに浅い地中から『NOTLD』まんまの服装で復活し、
心臓をえぐり、ピッチフォークを振り回し、婦女子のブラジャーを剥ぎ取り、
ラスト、ほとんどのゾンビが駆除された後も一人だけ生き残り大暴れ。
これぞワンマン映画です。


ハインツマンはこの映画の他にも『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 最終版』で
蛇足としか表現できない追加フッテージに30年前と同じ役で出演したり、
未見ながら超つまらないという『チルドレン・オブ・ザ・デッド』の撮影を担当したりと、
ファンを激怒させつつも、ロメロよりもゾンビ一筋の人生を送っています。

この『フレッシュイーター』、作品というよりもむしろハインツマンの記念とか自慢に近いです。

「ハインツマンさん江 ロメロ」と書かれた色紙を観るんだ、そういう心構えで観てほしいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/26(火) 14:05:08|
  2. 活動写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仮面ライダーのデザイン | ホーム | みんな、くりすますさ祝うだ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiqjin2000.blog57.fc2.com/tb.php/74-b8e5efb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。