僕たち地球人ブログ

調布市民のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デボルド

17世紀。ロレーヌ公シャルル四世の侍従であった人物。

 
desbordes.jpg


彼の不思議な魔術的所業を知り、怯えたシャルル四世は、
デボルドがシャルル四世の母クリスチーヌを呪い殺し
また、さまざまな悪疫を呪術で引き起こした、として
1628年に告発、デボルドは火刑に処せられた。


さて、自分が妖術師を疑われる程のデボルドの行いとは何だったのか。


ある日シャルル四世はデボルドらを連れ、狩りに出かけた。
デボルドは3段重ねの小箱を用意していた。
それを開けると"中には不思議にも素晴らしいご馳走が入っていた"そうな。
(17世紀でも珍しいこととは思えないが…)

またさらに、3日も前から絞首台に吊るされていた3人の刑死者を生き返らせ、
死人達に主君に挨拶をさせると、また絞首台に戻らせた。


…それほど悪い事はしてないような。
ちょっと気の利いた"宮廷マジシャン"として可愛がられていたのだが、
なんらかの政争に巻き込まれ、妖術師と言いがかりを付けられ殺された、
なんていうストーリーが浮かぶ。
『無面目伝』も思い出しました。


ところで彼、「3」が大好きだったそうである。
3段の弁当箱を用意し、3日前の3人の刑死者を生き返らせた。
なんでもかんでも3回まとめて行うのが彼のクセだったらしい。


デボルド「これはこれは閣下!ご機嫌うるわしゅう!
これはこれは閣下!ご機嫌うるわしゅう!
これはこれは閣下!ご機嫌うるわしゅう!」


デボルド「さすが閣下!見事な腕前ですな!
さすが閣下!見事な腕前ですな!
さすが閣下!見事な腕前ですな!」


デボルド「ン、ンマイ!これは嬉しい不意打ちです!
ン、ンマイ!これは嬉しい不意打ちです!
ン、ンマイ!これは嬉しい不意打ちです!」


まぁ確かに鬱陶しくはある。


参考文献:『地獄の辞典』 コラン・ド・プランシー 講談社刊
スポンサーサイト
  1. 2007/01/25(木) 18:01:20|
  2. 怪力乱神
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<CALL OF DUTY 3 | ホーム | wiiクッキング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiqjin2000.blog57.fc2.com/tb.php/85-28035b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。